髭はなぜ濃くなるのかの答え

髭が濃くなる原因

髭はどうして濃くなるのでしょうか。

人によって濃さが大きく分かれるのでしょうか。

兄弟や父親とも濃さが変わってくるのでしょうか。

 

 

髭の濃さの最大の要因は、「遺伝」だと言われています。

でも、父親より濃くなってしまうことってありますよね。

 

本当一体何なのだろうと悩みまくりです。

このツルツルスベスベがもてはやされる(頭以外)時代にどうしてこんな体で生まれてしまったんだと。

親を恨もうにもなぜか父よりも濃くなってしまっているのです。

 

原因は自分自身なのか。

自分が悪いのか。

どうすればいいんだ!?

 

と悩んでいる男も少なくないでしょう。

毛が濃いというのはそれほど人生において致命的な悩みです。

ましてや髭は顔に生える毛。

 

体を隠すことはできますが、顔を隠して生きることはまずできません。

髭は否が応でも他人に見せつけなければならないのです。

コンプレックス度合いは身長の低さといい勝負をするくらいでしょう。

 

髭が濃くなる別の要因として、よく「生活習慣」が挙げられます。

しかし、いくら健康的な食事をしても運動を定期的に行っても、それでも髭は濃くなってしまいます。(実体験)

 

私が思うに、髭が濃くなる真の原因は「ストレス」ではないかと。

髭は顔を守るために生えます。

しかし、この時代に顔を毛で守る必要などありません。

では、なぜ生えるのか?

 

それは、自分と他人との間に距離を空けるためです。

お互いがツルツルだとなんだか無防備な気がしませんか。まるで裸を見せ合っているような気にさえなります。

 

ところが髭が生えることでその感覚が緩和される。

そこに安堵を感じる。

だから、髭が濃くなる。

 

つまり、精神的なダメージが髭の濃い原因なのです。

他人と距離を置きたくなるような出来事が起きてしまったのが、不運の始まりなんでしょうね。

 

そういう気持ちにならせてしまった過去の出来事が髭を濃くする。

まさに踏んだり蹴ったりですね。

ますます人と関わり合いになりたくなくなる。

 

やっぱりヒゲ脱毛するべきですね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage

Menu

HOME

TOP