髭を生やす人の正体

髭を生やすのは一般的!?

髭を生やした男を見かけることはよくありますよね。

いかにもなおっさんが生やしていれば別に何とも思いません。

 

しかし、大学生や20代くらいの男が生やしていると猛烈な違和感を覚えずにはいられなくなります。この現象は何なのでしょうか。

 

 

単純に似合っていない

一番の原因はこれだと思います。似合っていない。

髭と顔とが乖離してしまっているんですよね。まるで付け髭のような印象を与えるから周りの人間に違和感を与えてしまう。

 

別に生やしたいなら生やせばいいんですよ。

周囲の人間に迷惑をかけるわけでもないし。もしそのような人と関わらないといけなくなったとしてもいずれ見慣れてくるでしょう。親しくなれば、似合ってないよ、と言えるかもしれません。

 

髭を生やすことは悪いことではありません。

世間の評価ほどね。

 

ドヤ顔していることが多い

髭を生やすことに対して悪い印象はなくても、似合わない髭を生やすような人間には軽蔑の感情を抱くかもしれません。

なぜなら、彼らは他人に迷惑をかける系の人間であることが多いからです。

 

言ってみれば、そう、「ドヤ顔」です。

道の真ん中を堂々と偉そうに歩くような輩が多いんですね。道を譲らない。

車を運転すれば窓から肘を出す。さらには、道路を灰皿代わりにたばこを吸う。

 

髭を生やしている人間にはこういう人種が多いのです。

だから、強烈な違和感を覚えるのです。

 

生やすのはお好きなように

 

英国紳士のような髭の蓄え方をしていれば、特に何の問題もありません。

むしろ好印象でしょう。

 

ただ、髭を生やすことで髭自体の評価を下げるような人間が、髭に対する悪い偏見を植え付けるような人間が、髭を決して生やすべきではないと思います。

 

人格的に腐っている人間の多くが髭を生やしている。

だから、髭を生やしている人間はクズだ。

 

こんな認識が世間には広まってしまっています。

本当に残念ながらね。

 

だから、髭にこだわりがある人以外は、ヒゲ脱毛してしまうのが良いでしょう。

面倒な髭剃りをしなくて済むようになりますよ。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP